エレカシ関連

« エレカシ@名古屋diamond hall | トップページ | 似てやしませんか? »

2008年4月25日 (金)

エレカシ@新潟LOTS

終わったー、新潟!
今までで取ったスタンディングのチケットの中では一番良い整理番号(100番台)だったんで、駅のロッカーに荷物入れて会場入りした。
楽だー。

センターエリア5~6列目を確保。
程良く隙間があり、ぼーっとして体力温存していると暗転。
15分押しくらいでスタート。

宮本さんは名古屋と同じく黒ジャケ×白シャツ。
「この近さはMusic Loversの観覧時の近さと同じだー」なんて思っていると演奏が始まった。
順番は自信なし(汗)。宮本さんが言ってたことを端的に書いてみます。
違ってる可能性もあるんで、ご了承下さい。

■Dead Or Alive
「エビバディ、ようこそー」

■今はここが真ん中さ!
「元気だなー」

■さよならパーティー
人には古傷のひとつやふたつあって。
「なんであんな事、言っちゃったんだろうー」とか思ったり…と言いつつ頭グシャグシャにしてた。

■四月の風
四月だから。
明るい曲です。

■悲しみの果て
輝こうぜ~!(いつも言ってるようなこと)

■笑顔の未来へ
泣いてる所を見ると慰めたくなる。
皆さんはならないですか?

■リッスントゥザミュージック
井の頭公園についての説明。
新潟で石君と一緒に浮世絵を見た。
素晴らしかった。

■こうして部屋で寝転んでいるとまるで死ぬのを待ってるみたい
曲に入る前に「万年床で…」うんたらかんたらアドリブで歌ってた。
(名古屋もあんなだったかなー。記憶がない。いい感じの入り方だった)

■Starting Over
石君と宮本さんがちょっとジャムって、カッコ良く(この場面は名古屋より良かった気がする)。
また歌詞をごまかしてる部分あり(笑)。
その回数は名古屋よりかなり減り1回くらいか。

■翳りゆく部屋
「バンマスのツタヤ君がいないんですけど、男4人でお届けしました」
(ツタヤさんの名前を言った時、可愛い笑顔を一瞬して、ほんと好きなのねーと思ってしまった)
ギター置いて、マイク握って丁寧に歌っていた宮本さん。
しかし、最後の方の「輝きは戻らない」の後でブレイク入れる所を入れずに普通に入ってしまい。
その後も1箇所、宮本さんが入り間違えちゃって。
一瞬後ろ向いたんだけど、たぶん恐ろしい顔してたのでは…(汗)。
機嫌悪くなるかと思ったら、気分すぐ変えてた(ほっ…)。

■今宵の月のように
明日も輝こうぜー!
そんな歌です。

■風
「私はタバコを吸っております。」と、まずハッキリ言い。
「昔は80~100本くらい吸ってて、かなり減ったんだけど」と付け加え。
タバコ屋のオヤジの話。1カートン買うと、それなりのお金になるのでオヤジの対応が良く。
(オヤジのモノマネをする)
しかし、石鹸1個だと「ああ…」みたいなかんじで態度が違うんで、もうちょっとどうにかならないものか…だって(笑)。
オヤジの方が先に死ぬだろうけど、自分もどうなるんだろう…って思ったりして作った曲。

■Flyer
(出だしのあたりがやっぱりかっこいい!「おまえ」が「おめぇー」で。)

■ガストロンジャー
(やはりこの曲は盛り上がる。だけど、全く押されず。意外だった)

■桜の花、舞い上がる道を
(力強くて良かった)

■俺たちの明日
(いつも言ってるよーな事を言ってた)

<Encore>
■ファイティングマン
黒地のリッスンTに黒シャツを羽織って登場。
左右にパイプ椅子を持っていき、その上に上がって両手を挙げてお客にアピール。
この曲もやはり盛り上がった。

あと、どこで言ったか忘れたけど「生きてて良かった」「誘ってくれてありがとう」(新潟に呼んでくれて…の意だろうけど)とも発言あり(笑)。

演奏は名古屋より良かったけど、ちょっと宮本さんが集中力に欠けてたんじゃないかと私は感じた。
だって「翳りゆく部屋」のミスはないよなーって。
盛り上がり具合も名古屋の方が良かったような。
初日だし、メンバーもお客も相当テンション上がってたのかなと。
新潟のお客が良いとか悪いとかじゃなくてね。
「ガストロンジャー」も、もっとガーっと、もっとグーっと、こみ上げてくる何かがあるんだけど。
私の気のせいかもしれないけど。
他の方々の意見も見てみたい。

今までで一番ベストポジションだったけど、そんな汗だくにならず。
妙に冷静だったし。
不思議だ。
正月の時と大違い。

今回私の中で良かったのは「笑顔の未来へ」「Starting Over」「俺たちの明日」が「ファイティングマン」かな。でも、あの近さでは当分観れないから、それだけでも遠征した価値があった。

<追記>
(思い出したら、また追加していきます)
■石くんのことについて。
宮本さん「大分治ってきました(良くなりました…かも)」
■3~4曲目あたりで、宮本さんが石くんに寄っていって、両手の人差し指で石くんの鼻を挟んでいた(笑)。
■「さよならパーティー」に入る前に「さよなら、さよなら…」とささやいてから歌い始めた。
■何の曲か忘れたが「ここにいる皆は見た所、不器用なやつらぱっかりみたいだな」風のことを言っていた。

帰宅して落ち着いたので、ざっとネット見てみたけど、いろんな意見があるようで。
誤解のないように付け加えると、別に悪いライヴだったとは思ってない。
楽しんだのは間違いないし。
あんなエリアでずっと観れた割に、自分が冷静だったのが不思議ってことで。
夜行バス入りしたから自分が疲れていたのかなーとも思ったけど、ちゃんとドリンク剤飲んで、2時間前からお茶して待機してたし(笑)。

私も粗探ししてるわけじゃないんだけど、決めるトコは決めてほしいと思っており。
プロだから よりベストなものを見せて欲しい…と思うのはお金を払う側としては要求したいところ。
逆に、声が絶好調!という程ではなくても、ミスがあっても、なんか勢いというか、メンバーとお客との間に生まれるエネルギー交換とか、何かとてつもない凄いパワーが生まれる瞬間ってあるじゃないですか。
私はそういうライヴでしか味わえない皮フ感覚で味わえるものを求めて、よりたくさんライヴを観に行きたいと思ってる部分が大きいのかもしれない。

何度かそういう瞬間が今回もあったんだけど、もっと正月のライヴの時のあの空間のパワーが凄かった記憶があるので「もっといけるだろー!」みたいに感じてしまったもので(汗)。
凄いライヴをたくさん観たい…と、つい欲張りになっちゃうんだと思う。

モッシュ等に関しての注意書きの紙を入口で渡されてて、その効果なんだろうか、程よいスペースを保ちながら楽しむことができた。
まあ、私は有難かった。
他のバンドの時はどうなんでしょうねえ?
今までは、センターエリア行く時はある程度覚悟していってたもんで。
こういう時もあるんだなと。

ライヴは本当に生モノだなとしみじみ思う。
感じ方も人それぞれ。
面白いし、興味深い。

にしても、美術館行ってたとはなあ~。
Ele_2私もバスで美術館も通ったのに。
そこまで予測できませんでしたわ。
帰りに駅でポスター見て、悔しがる私であった。
まだまだ勉強(何の?)が足りないわー。

« エレカシ@名古屋diamond hall | トップページ | 似てやしませんか? »

音楽(ライヴ)」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI」カテゴリの記事

コメント

臨場感あふれるライブレポ、ありがとう!!

やっぱライブは初日と千秋楽を押さえるのはもちろん、中日も見とく必要ありだね。どうライブが成長していくか...ファンとしては見届けるべきよ。

>妙に冷静だったし。
>不思議だ。

そーゆー状態のほうが、後々までライブの余韻に浸れるかもしれませんよ。
私なんて以前新潟ライブに行ったとき、あまりにも興奮&押されてアゴが筋肉痛(←なぜ?!)になったこと以外、何も覚えていないし

しかし、相変わらず宮本さんチョンボしてるのねぇ...

お疲れ様~!!!
静かな興奮が感じられるレポートでした。
何食べれました?なんつって。
ではまた!

お~!お疲れ様でした。MCかなり覚えててスゴイ。
昨日の夜はアンコールは何かな?と調べて『ファイティングマン』の動画見つつレポ楽しみにしてました。
私も観光内容にも興味津々。落ち着いたらそちらのレポもよろしくです。

>T氏
始まる前はいつものように戦闘モードだったんですけど。
あの近さで観れることに慣れてきてしまったんでしょうか…(汗)。
もちろん手を挙げたい時は挙げてたし、じっくり聴きたい時は歌声に集中してました。

T氏が行った時もLOTSでした?
モッシュとか全然なくって、落ち着いて見れました。
センターエリアに行った時点で、ある程度覚悟してたから「こんなこともあるんだ~」と意外に思いまして。

「翳りゆく部屋」、気合入れて歌い出したから、このままいい感じでいくのかな~と思ったら、最後にあらら…(汗)。
自分に対してちょっと苛立ってたようなかんじ?でしょうか。

フェスやって、札幌やって、渋谷2DAYSがどんな感じで展開されるのか楽しみです!

>あふろさん
スイーツと、加島屋の長作丼と、天へぎそばを食べました。
食べまくり~まで行かず、これぐらいが程よいかなーと満足しております。

>もっさん
「こんな感じのこと言ってた」程度なんですけど、たぶん冷静に見てたからかなあ、今回は結構よく憶えてる方だと思います。
観光&グルメの方は別に書きたいと思います~!

はじめまして。

私も新春ライブと新潟LOTSどちらも行きましたが、今回の新潟の方が、 なんというか いいライブだったなぁ〜っと感じました☆ 確かに「翳りゆく部屋」はあらら?ってなりましたけど、(^^;)  会場が狭かったせいかお客さんとの一体感がすごくあった。 そして何より、宮本さんが楽しそうに、うれしそうに、気持ちよさそうに歌ってくれたのが印象的でした。 (^_^)

>かぼちさん
はじめまして。
両方行かれたんですね~。

新潟の方が良かったということで。
なるほど、そうですか~。
やはり私個人の問題なのかなあ…(汗)。

新春ライヴはセットリストが聴いてみたかったものとか初めて聴けたりしてテンションがより上がって、強い印象が残ったのかもしれません。

一体感はありました、確かに。
感じ方も人それぞれですね~。

書き込みありがとうございます。
また良かったら遊びに来て下さいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エレカシ@新潟LOTS:

« エレカシ@名古屋diamond hall | トップページ | 似てやしませんか? »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツいろいろ


My Site

  • ACIDMAN FILE
    ACIDMANの過去のセットリストを収集して載せる為のブログです。
  • エレ★スケ
    エレファントカシマシ関連のスケジュールを載せています。携帯からもチェックできます。
無料ブログはココログ