エレカシ関連

« Oさんといよいよ再会 | トップページ | 日比谷野音対策 その5 »

2008年5月29日 (木)

日比谷野音対策 その4

昨日と今日は「生活」を聴いた。
聴きやすさという点で見ると、聴きにくいアルバムではある。

生活
発売日:1990年9月1日

01.男は行く
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
02.凡人―散歩き―
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
03.too fine life
作詞/宮本浩次 作曲/石森敏行、宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
04.偶成
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
05.遁生
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
06.月の夜
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ
07.晩秋の一夜
作詞・作曲/宮本浩次 編曲/エレファントカシマシ

この中で私が好きなのは「男は行く」「凡人―散歩き―」「too fine life」。
「男は行く」なんて、ライヴで聴くとかっこいいー。
自分が男だったら、また違った感じでぐっとくるんだろうな~と思う。

この時期のエレカシは異端であり、マイノリティであったそうで。
宮本さんは自分の中の基準で進んでいく一方、世間との距離ができてしまったようだ。

「俺はこういう思いで『浮世の夢』を作ったのにわかってない……だから、これが真理であるってことをみんなに知って欲しくて『生活』を作ったんです。」

『お前らの言ってる恋愛って――当時は恋愛の歌はいっぱいあったからさ――正体はこれじゃん』と。

「MUSICA vo.12」より

« Oさんといよいよ再会 | トップページ | 日比谷野音対策 その5 »

音楽」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷野音対策 その4:

« Oさんといよいよ再会 | トップページ | 日比谷野音対策 その5 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツいろいろ


My Site

  • ACIDMAN FILE
    ACIDMANの過去のセットリストを収集して載せる為のブログです。
  • エレ★スケ
    エレファントカシマシ関連のスケジュールを載せています。携帯からもチェックできます。
無料ブログはココログ