エレカシ関連

« エレカシ野音の余韻に浸る | トップページ | 海外ドラマ »

2008年7月 1日 (火)

野音対策 その7

「日比谷野音対策」ってことで、日比谷の野音までに全アルバムを振り返ろうと思ってたけど、野音前には「奴隷天国」までしか辿り着かず(汗)。
大阪までもうちょっとあるんで、そのまま続けてやってみようと思う。
また力尽きたらゴメンナサイ~(笑)。

では、7枚目のアルバム「東京の空」

東京の空

発売日:1994年5月21日

01.この世は最高!
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
02.もしも願いが叶うなら
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
03.東京の空
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
04.真冬のロマンチック
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
05.誰かのささやき
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
06.甘い夢さえ
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
07.涙
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
08.極楽大将生活賛歌
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
09.男餓鬼道空っ風
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
10.明日があるのさ
作詞・作曲・編曲/宮本浩次
11.星の降るような夜に
作詞・作曲/高録成治・宮本浩次
12.暮れゆく夕べの空
作詞・作曲・編曲/宮本浩次

私が好きなのは「この世は最高!」「東京の空」「誰かのささやき」「男餓鬼道空っ風」。

エピックソニーでの最後のアルバム。
バンドのメンバーに委ねると、かえって皆の負担になることが分かり。
それならば、宮本さんが細かいところまで全部考えて、それらをちゃんと説明してやってもらったほうがいいと。
そうこうしていると、方向性が凄くはっきりしてきたそうで。
「昔の侍」(2作後のアルバムに収録)の大雑把のところまで出来ていたという。
今までだったらかっこ悪いとか普通だと思ってたことも、あえてやったとか。
契約が切れるというのに、非常に前向きな気分だった宮本さん。


「起こること、起こることプラスに感じてた。何も怖くなかったんです――そういう時期って、あんまりないんだよなぁ。私史上の最高なくらい、非常~に楽しいレコーディングでしたね。思ってることがようやく形にできつつあるという、ダイナミックな気持ちでいましたね」 

MUSICA 2008年4月号(雑誌)より
MUSICA 2008年4月号(雑誌)

« エレカシ野音の余韻に浸る | トップページ | 海外ドラマ »

音楽」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野音対策 その7:

« エレカシ野音の余韻に浸る | トップページ | 海外ドラマ »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツいろいろ


My Site

  • ACIDMAN FILE
    ACIDMANの過去のセットリストを収集して載せる為のブログです。
  • エレ★スケ
    エレファントカシマシ関連のスケジュールを載せています。携帯からもチェックできます。
無料ブログはココログ