エレカシ関連

« いよいよ明日! | トップページ | 新たなサポートメンバーが! »

2009年4月29日 (水)

「昇れる太陽」を聴いた

会社帰り、渋谷タワレコへ向かった。
もちろんエレカシニューアルバム「昇れる太陽」を買う為に。
昇れる太陽(初回限定盤)(DVD付)

山手線ホームに貼ってあるというエレカシタワレコポスターも確認したくて、わざわざ山手線に乗って。
が、降りた所が悪かったみたいで、見つけられないまま人の流れるままハチ公改札口から出てしまった(汗)。
ま、いいか。

渋谷タワレコに行くと、1階の一角でエレカシのアルバムや、メンバーお薦めCDもずらり。
お薦めCDについては別エントリで書くとして。

いざCDを手にして家に帰ったものの、すぐ聴かず。
なんかもったいないじゃん(笑)。
犬の散歩して、食器洗って…と日々の日課をあえてしてから、意を決してCDのパッケージを開けた。

まず、宮本さんが薦めていたように、アルバム初めから最後まで通して聴いた。

何なんすか?このアルバムはっーーーーー!!!

凄いよ~。
やたらいろんな所で「名盤」と言われてたから「どれだけ凄いんだ?」と思ってたけど。
今現在のエレカシが余す事なくバーンと最大限に表現されているかんじ。
それは、武道館公演を観た時にも感じたんだけども。

前作の「STARTING OVER」で、思ったより売れたって前にライヴの時に言ってたけど、そこで自信つけて、いい音楽を作る為の環境が整って、しっかり歌をまっすぐに世の人々に届けようとしたら…。
こーんな素晴らしい作品が出来ちゃったんですね。
恐るべし、宮本浩次!!!

ざっくり、アルバムの中身見ていきます~。

レコード会社の人にアルバムに入れることを反対されたという1曲目の「Sky is blue」
何で反対するんだ~、入れて正解。
メンバーもKDDIのスタジオ番組収録の時に推してただけあるカッコいい曲。
ドラム、かっこいー。
スライドギターもいいー。

そして、既に聴き慣れた2曲目の「新しい季節へキミと」、3曲目「絆(きづな) 」と。
やっぱり、いい曲~。

4曲目はCMで流れてる「ハナウタ~遠い昔からの物語~」
武道館でフルで初めて聴いたんだが、こうして改めて聴いてみると、これまたいいメロディー。

5曲目の「あの風のように」 は、去年のJCB HALLの2日目だったか、宮本さんが弾き語りで歌ってた曲だね~。
JCB HALLで聴いた時は歌詞が全然日本語になってなかったかんじだったけど(笑)、メロディー聴いて「ん?この曲いい曲じゃん」と思ってて。
こうして出来上がったものを聴くと素晴らしいじゃないですかっ!

そして、6曲目「おかみさん」
ツェッペリン~な曲で、2100年、布団干すおかみさんの曲を歌う人なんて、宮本さん以外にいないでしょ!!!(爆)。
「与作」とかにも使われてる効果音(カーーーってやつ)、調べてみたら”VIBRA SLAP”(ビブラスラップ)って楽器らしいんだけど、あれが効いてるなと。
日本語ロック、ここにあり。
この曲、めちゃくちゃ好き。
もう~宮本、最高!!!
エレカシ最高!!!

7曲目は、いつもライヴで盛り上がる「It’s my life」
「おかみさん」でかなり興奮気味になっちゃうから(笑)、いい具合にクールダウンできる。
聴き慣れてるしね。

8曲目は「ジョニーの彷徨」
打ち込みで作ったって言ってたけど、こういう感じもかっこいいねーって、よく分からないよね(笑)。

9曲目の「ネヴァーエンディングストーリー」
物悲しいメロディーと歌詞が、これまた良いねえ。

10曲目の「too you」は、さわやかで天気の良い日とかに聴きたい曲。

そして、最後の11曲目は「桜の花、舞い上がる道を」で締めると。
この曲をアルバムに入れるなら、最後以外だと変な感じしちゃうから、やっぱり最後で妥当かと。

前作より、断然「これぞエレカシ!」という印象。
そして、前作よりもより「エレカシが自信を持ってお届けしましたー!」感も強い。
「絆」も「おかみさん」も同居しているアルバムって凄いよー。
他にこんなに幅広い楽曲を作ってるバンドがあったら、逆に教えて頂きたい(笑)。

この曲の振れ幅こそ、私がこれだけエレカシにハマリ続けている理由のひとつ。
そして、なんと言っても宮本さんの声!!!
またしても、様々な声色を堪能することができた。
宮本さんが「僕は歌係」といたる所で言っていたが、曲を作った後は極力歌に集中したんでしょう。
歌係っぷりを遺憾なく発揮してます、本当に。
意識が分散してないから、より歌にパワーがこもってる気がする。

これから毎日聴き込んで、歌詞を味わって、ツアーを指折り待つことにしよう。
ライヴだと、この楽曲たちがどう変化していくんだろう~。
楽しみすぎる。

ああ、日本人に生まれて良かった。
「洋楽、かっこいいー!」と思って、外ばかり見ていた私は、こんな近くにこんなかっこいい音楽があったのに気がつくまで時間かかったわけだけど。

今までも何度も何度も思ったけど、また言うわよ。
エレカシに出会えて本当にーーーに良かった。
「そんな大袈裟なー!」と思うかもしれないけど、私は本当にそう思っているし、このアルバムを聴いて改めて思った。

神様、レッチリの時に宮本さんに遭遇させてくれてありがとうございます。
「レッチリに行って、エレカシにハマる」という奇異な展開を経て、ここまで来たか~。
あの出会いから、初めてエレカシ観に行った名古屋遠征、様々なライヴ、イベント…。
なんか色々思い出しちゃった。
「なんでこんないい曲、たくさんあるのに売れてないの!?」と思い、無理矢理周りの人々にエレカシを聴かせたり(爆)。
「エレカシ、まだいるの?」とかも言われたし(汗)。
「ほーら、こんな凄いアルバム作っちゃうバンドなんだよ!」と、なんだか誇らしい気分。
褒めすぎか?(笑)

とにかく。
とーにーかーく!!!
お願いだから、「昇れる太陽」聴いて下さい(笑)。

« いよいよ明日! | トップページ | 新たなサポートメンバーが! »

音楽」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI」カテゴリの記事

コメント

アルバムいいですね~。
アイボリーナさんの感想もよいです。

「あの風のように」がJCBホールで聞いた曲というのはわからなかった! 教えてくれてありがとうございます。前も思ったけど、一回聞いただけのメロディとかよく覚えておられますよね。すごいなあ。

凄くわかります。凄く。もうノックアウトですよ。あまりにも素敵すぎて嬉しくて泣いた。嬉し涙なんて、もう久しく流してないよ。血が沸騰しました。この天才め、この天才めぇーっ!もう宙を歩いてる気分ですよ。あー最高です。こんなに気分の良い日は、記念すべき日です。大声でエレカシ最高といって、駆け抜けたいです。本当に凄いバンドだ。本当に有難うエレカシ、最高最高、最高最高!興奮さめやらず(笑)寝られない(笑)。

>たきさん
私は記憶力はまあまあ自信あるし、プラス、ピアノを長くやってたので、曲覚えるのとかは得意な方なんですよ〜。
確か「珍奇男」に入る前に、サクッと「あの風のように」やったんですよね〜。そういやJCB HALLの歌?も良かったなぁ(笑)。

>アイシェさん
興奮具合がよーく分かります(笑)。
前作スタオバより、なんか突き抜けてますよね〜!
曲の種類も多彩で、聴いてて楽しいです。

いろんな方々にプロデュースを託す所は託して、これは成功したパターンなんじゃないでしょうか。
やっぱり、全て宮本さんがやるには物理的にも肉体的にも精神的にもキツいでしょう。
どんなにプロデュースされようとも、あのメンバー演奏し、宮本さんの曲、歌詞、声があればエレカシには違いないし。
私は様々なエレカシが見たいし。
過去の凄い楽曲たちは、それはそれとして、今だから作れる曲をどんどん作ってほしいです。

まさに歌係。エレカシのまわりには凄い仲間が揃ってるんですね。裏方さん、素敵だ。世間驚くな。きっと同業者、嫉妬だろうな、これで邦楽レベルが、なんか上がりそう、刺激しあって、もっと良いもの作ってやるっ!みたいな、エレカシって凄いやっ。ただの一ファンなのに、滅茶苦茶自慢したくなる。どうだぁーって(笑)肩いからせて世を笑うさ!です。

>アイシェさん
あはは~(笑)。
ほんと、そういうのが健全な循環ですよね~。
私も昔は邦楽をバカにしてたわけではないけど、洋楽より低く観てることがあった気がします。
それぞれの良さがあるのに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「昇れる太陽」を聴いた:

« いよいよ明日! | トップページ | 新たなサポートメンバーが! »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツいろいろ


My Site

  • ACIDMAN FILE
    ACIDMANの過去のセットリストを収集して載せる為のブログです。
  • エレ★スケ
    エレファントカシマシ関連のスケジュールを載せています。携帯からもチェックできます。
無料ブログはココログ