エレカシ関連

« エレカシ宮本@STUDIO VIVID | トップページ | 日比谷野音チケット »

2010年5月24日 (月)

“JAPAN JAM 2010”に行ってきた 2

1に引き続き、JAPAN JAM 2010の感想等を。

例の如く、私の記憶を辿って書くので正確かどうかは不明です。
宮本さんのMCとかも、勝手に私の脳内変換されて残ってるものなので(汗)、ニュアンスだけ受け取って頂ければ幸いです。

15:20 モビリタステージ エレファントカシマシ

宮本さんは黒スーツに白シャツという、いつもの感じ。
あとのメンバーは…ちゃんと見れてません(おいおい)。
私はあまり目がよくない上、宮本ウォッチングで精一杯なんですねー…と言い訳(汗)。

01.俺の道

1曲目がまた「Sky is blue」だったらどうしよう…と思ってたんだけど(そのパターンに飽きたので)、「俺の道」のイントロが流れたもんだから、嬉しくて。
「俺の道」が1曲目…というパターン、去年の秋頃からは多い気がするが好きな曲なので〇。
宮本さん、調子良さそう。

02.達者であれよ

私、この曲も大好きで。
イントロ聴いて、心の中で狂喜乱舞。
生で聴いたのは去年の野音以来2回目。
私はエレカシのアルバムの中で「風」が一番好きなんだけど、「達者であれよ」はタイトルと曲の展開と歌詞が本当ーに好きなんです、はい。

なもんで、スタートの1~2曲だけで「今日はいい感じのライブだなー」と既になっていた(笑)。

03.悲しみの果て

「悲しみの果て」は、やっぱりフェスでやると受けが良い。
売れた曲があるというのは強みだ。
フェスだと合唱になったりして、普段は歌わない私も便乗して歌うことがあるんだけど、今回は宮本さんの声に集中。
「悲しみの果て」は何度聴いても、いまだに飽きない。
相当聴いてるはずなんだけど。

04.幸せよ、この指にとまれ

この曲もライブでだいぶ演奏してきたせいか、こなれてきた感じ。
ちなみに、「みちのはに~」あたりの歌い方が私はツボ・ポイント①です(笑)。

05.リッスントゥザミュージック

ここで、金原さんと笠原さんがステージに登場。
「20代の頃の事を思い出して書いた曲」とか言ってたかな
武道館の時のような、ストリングスの演奏をバックに宮本さんが歌い、後にバンドが入ってくるパターンだったと思う。
宮本さんの口笛の所だけ私も緊張したけど(笑)、後は安心して観ていられた。

06.swallowtail butterfly ~あいのうた~

「俺達も負けじと凄いゲストにお願いしたぜ」風な事を宮本さんが言って、CHARAをステージに呼んだ。
CHARAが出てきた時だったか忘れたが、CHARAの方からハイタッチをしようと手を挙げて、宮本さんもそれに答えようとして手を挙げたが、結局中途半端なハイタッチに見えた(笑)。
CHARAが今回のライブを快諾してくれたそうで。
(調べたら、CHARAも今はユニバーサルなんですね。)

CHARAの方が42歳で宮本さん(今年44歳)より少し年下なんだけど、なんか貫禄というか、落ち着きがあってお姉さんに見えた(笑)。

CHARAは「(この曲は)久しぶり~」と言って、イントロが流れ始めた。
歌い出しはCHARAから。

この曲は好きなんで、生でCHARAの歌を聴けて嬉しかった。
1996年の曲なのか、懐かしい~。
まだ私がカラオケよく行ってた時代の曲だ。
ちょっとその頃の事を思い出してると、宮本さんが次のパートを歌い出した。
そのままのCHARAと同じキーで。
歌いにくそうだったけど(笑)。
サビはCHARAがメインの旋律を歌って、宮本さんがハモってたんだけど、なんかよく聴こえなかった(汗)。
難しいのう~。
まあ「頑張りました」って感じでしょうかねー(え?辛口?)。

07.それを愛と呼ぶとしよう(「エレガンス」mix version)

「秘蔵の”それを愛と呼ぶとしよう”という曲と、CHARAの”エレガンス”という女性心理を表した素敵な曲を合体させたので、耳慣れない曲だと思うけど聴いて下さい」風な事を言って、演奏が始まった。
とうとう「それを愛と呼ぶとしよう」をライブで初披露かー!!!
バラードとして、私はとても好きな曲で、昨日の友人の結婚式でもリクエストして流してもらったばかり。
まさか、今日、生で聴けるとは…。

…と思って、始まった曲を聴いたら、んん???
こ、これは…幻のロックバージョンではないかーーーーー!!!!!
ひえーーー。
これか、インタビューで言っていた元のバージョンって。
(参照インタビュー:moocos
確かにサビ前はロックだ、ロック。
テンポもリリースされているバラードよりアップしており。
リリースされているバラードと違って、サビに行くまでのメロディは全く違った。
サビのメロディーはバラードの時と同じだけど、アレンジがロックしててとっても新鮮。

ロックな「それを愛と呼ぶとしよう」と「エレガンス」を交互に演奏していく…というのも面白くて。
エレカシだけでは出せない何かがそこにはあった。
エレカシとCHARAのエネルギーがいい感じで融合してスパークしたような瞬間だった。
なんか凄いものを見せてもらったなー。
レアでスペシャルすぎる!!!!!

演奏が終わった後、「今までで一番良く出来ましたね」風な事を宮本さんがCHARAに向かって言っていた。
そうか、これじゃあリハも時間かかるよなー…。
凄く良かったですよ、宮本先生!!!!!

CHARAは「宮本さんは愛の角お持ちですか?お持ちですよね~?」と意味ありげな言葉を投げかけ、宮本さんは苦笑?照れ笑い?
よく見えなかったが。
「皆は持ってる?」とか観客にも聞いてて、女子が反応したら「女の子にはないでしょう」みたいな事をCHARAが返してた。

この辺からか、曇空から日が差してきて、ステージを照らし出し。
CHARAも「私たちが出たら、日が出てきた」みたいな事を言って。

あとCHARAの「渋谷陽一まつり~!!!」はウケた。
確かに、おっしゃる通りで(笑)。

08.風に吹かれて

これは「めざましTV」等でちょっと映ってたけど、あんな感じです、はい(笑)。
宮本さんはサビで左右に手を大きく振って、観客もそれに合わせて。

ゲストミュージシャンは、いったん引っ込み。
いつものエレカシメンバーで、いつものようにお馴染みのナンバー「俺たちの明日」「今宵の月のように」「笑顔の未来へ」「FLYER」と4曲演奏。

再び、ゲストミュージシャンを呼び「コール アンド レスポンス」。
「男っぽい曲だから、CHARAはどうかなと思ったんだけど…」みたいな事を宮本さんが言ったら、CHARAは「楽しんでるよ(楽しみだよ)」と全然オッケーな様子。

これも、いい感じの出来であった。
死刑宣告の部分は、やはり宮本さんがやったけど。

終わると、宮本さんは「俺が一番面白かったかもしれません」みたいな事を言ってたっけなー。
嬉しそうに。

そして、最後の「待つ男」。
富士スピードウェイですからねえ。
でも富士山見えなかったんだけど(笑)。
いやー、気合入りまくってて、これまた圧巻!!!
白シャツのボタン、引きちぎってました!!!(笑)
宮本さん、さぞや、気持ち良かったことでしょう。
観てるこちらも、スカっとしたわー。

そして「生きてて良かった」と宮本さん。
そう言った宮本さんを観たのは初めてだった。
そんなステージを体感できて、なんたる幸せ。
ま、私は今までだって何度も、エレカシのステージ観てそう思ったことあるけどね(笑)。

<その他>
■せいちゃんの帽子をとって被って、しばしセンターで歌っていた。
■メンバー紹介を3回もやった

2010/5/16  JAPAN JAM 2010
富士スピードウェイ

01.俺の道
02.達者であれよ
03.悲しみの果て
04.幸せよ、この指にとまれ
05.リッスントゥザミュージック
06.swallowtail butterfly ~あいのうた~
07.それを愛と呼ぶとしよう(「エレガンス」mix version)
08.風に吹かれて
09.俺たちの明日
10.今宵の月のように
11.笑顔の未来へ
12.FLYER
13.コール アンド レスポンス
14.待つ男

<JAPAN JAM関連>
2010/5/16
エレカシ(渋谷さんブログ)
RO69クイックレポート
JAPAN JAM’10(CHARA PHOTO DIARY)
2010/5/18
JAPAN JAM アザー・ショット(山崎さんブログ)
ジャパン・ジャムの余韻が続く(渋谷さんブログ)
JAPAN JAM終了!(金原さんブログ)
2010/5/21
JAPAN JAMのエレカシとChara(兵庫さんブログ)

_________________________________________________

エレカシ終わった後は、まったりと。
ZAZEN BOYZは、凄かった。
「目黒川」だっけ?
シノヤマ キシン氏が新宿三丁目を牛耳ってるとか歌ってて、超ウケた(笑)。
やっぱり、あの世界は苦手分野です。
好きな人は、メチャメチャ好きそうだけど。

民生+スカパラもさくっと。
観客、盛り上がってました。

吉井さんも初めてライブ観れて嬉しかった。
イエモンはどちらかというと好きなんで。
アルバムは買ったことはないけど、ギターの人がエアロ好きで、よくエアロについて語ってる記事とか読んでたもんで、なんとなく親近感を持ってて(笑)。
でも、イエモン時代の曲を聴く前に電車だから会場を離れてしまった。
最後「JAM」やったのにー。

やっぱり、バスツアーにすればよかったかしら…。
バスツアーで行った人々も終電間に合ったらしいし。

フェスとしては、どれくらいの動員だったんだろうか。
今までのロッキンオン系フェスの中では一番小規模なのかもしれないが…。
トイレもそんな混まなかったし。
非常に快適なフェスだった。
前列エリアでは残念ながら痴漢とかあったらしく、注意するようアナウンスされていたけど。
来年もあると渋谷社長が書いていたので、来年もエレカシ出るなら絶対行くね、私は。

« エレカシ宮本@STUDIO VIVID | トップページ | 日比谷野音チケット »

音楽」カテゴリの記事

音楽(ライヴ)」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI」カテゴリの記事

コメント

師匠有難うーっ!

目に浮かぶ(笑)

生きてて良かった!
本当に生きてくれてて良かったよ。

火鉢一酸化にしろ
天気予報に電話したりにしろ
雨ん中歩き回ったり
まぁ本当に、ズタボロに引き吊りまわしてるから
生きてて良かったって言葉がきけるなんて最高さぁー!!

最高さぁー!!だよ。

Chara有難うーっ!
メンバー有難うサポーター有難う!客に天気に色々がうまい事、組み合わさって有難うだよなぁ。

良かった良かった。
なんか清々しいですね!

>アイシェさん
こんな感じで伝わったですかね?
来年はエレカシ出るなら、是非とも参戦を!

ホントDVDで売ってほしいですねー。
とりあえず、あのロックアレンジのやつ、今後もライブでやらないかなー。
リリースして頂きたい!っていう事はラジオの時にアピール済みなので(笑)。

アピール有難う御座います!!是非とも!

今、名古屋駅です!二時間しか寝てないっ!

明日の昼まで寝れない

いまだに目を瞑ると宮本さんとCharaが歌ってる姿が・・・。
レポありがとうございます~師匠目線が面白い。
かなり興奮して聴いてましたが、たまに声が途切れる時があってマイクの調子が悪いのか歌ってないのかよくわかんなかった事ありました。
それにしてものんびりして人も多すぎず快適でしたね。
来年は流石にもっと人が増えると思いますが、エレカシ出るなら是非行きます♪
アイシェさん、睡眠時間2時間って・・・修羅場の漫画家?!(笑)

只今続行中!蔦谷さんに挑戦中…嘘。耳なおってきて良かったですね!

ここ5日間の睡眠時間15時間ないかもっーっ!
気絶寸前(笑)。

>アイシェさん
そんなに睡眠時間少ないんですか!?仕事関係?
身体あっての、この人生ですからね~。
健康第一!
ノニジュース送りましょうか?(笑)

>ラスさん
私目線で面白い?そうですかー、良かった(笑)。まあ、あんまりよく憶えてないんですけどね、実際。これが精一杯(汗)。
まさに「この瞬間だけのステージ」って感じでいもん観させて頂きました。

なんかゆるーい感じで(スペースが一杯あるからかな?)、いいですよね、あのフェス。ホント快適でした。「これはちょっと…」と思うことが全くなかったです、はい。

師匠有難う!タヒチアンノニ、父に飲ませてました(笑)ので一番肌がツルツルしてました!

仕事半分、遊び半分!
5月はお誘いが多く、たまにしか会えない方だとつい無理してでも(笑)。
今日はサータアンダギィを頬張ります(笑)

深夜バスに揺られてわざわざ数時間しか会えないのに自分に会いに来てくれる。

なんかミヤジがファンを愛おしむ気持ちがちょいとだけわかった気がしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “JAPAN JAM 2010”に行ってきた 2:

« エレカシ宮本@STUDIO VIVID | トップページ | 日比谷野音チケット »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログパーツいろいろ


My Site

  • ACIDMAN FILE
    ACIDMANの過去のセットリストを収集して載せる為のブログです。
  • エレ★スケ
    エレファントカシマシ関連のスケジュールを載せています。携帯からもチェックできます。
無料ブログはココログ