« ROCK IN JAPAN FES.2010に行ってきた~その3~ | トップページ | 「BECK」完成披露試写会に行ってきた »

2010年8月16日 (月)

ROCK IN JAPAN FES.2010に行ってきた~その4~

エレカシの後は、そのままGLASS STAGEでACIDMAN
既に5列目ぐらいにいたので、オオキさんのマイクスタンドが置かれているエリアの前まで移動。
エレカシの時より近い。
2、3列目あたり。
ラスさんは「後ろに下がりますね~」と去っていった。
yukiDさんと私はそのままいた。
「うわー、近い~。よく見えそう~。」と喜んでるのも、つかの間。
すぐに前方にいたことを後悔することになる…(汗)。

GLASS STAGE 16:45

「A beantiful greed」が流れ始め、ウラヤマイチゴ氏(Dr)、サトウマサトシ氏(B)、そしてオオキノブオ氏(Vo,G)登場。

1曲目のイントロ聴いて、これは聞き覚えがあった。
先日の玉木宏のラジオ番組で流れてた「±0」だ。
ギターのリフがカッコイイー。
…それより、既にモッシュが凄いんですけどーーーーー!!!(汗)
ナメてました。
GG10の時は、そこまで前にいなかったから分からなかったけど、モッシュが凄いのね、ACIDMANの時は…(汗)。
これはヤバイかも…。
yukiDさん、大丈夫かー!?…と横目で見ると、大変そう(汗)。

そのまま曲は途切れずへ「CARVE WITH THE SENSE」
これはGG10でもやってて、気に入った曲。
これもイントロがカッコいいし、曲の展開の仕方も好きだね。
GG10の時は、サビでなんて言ってたか分からなかったけど、今回はちゃんと「CARVE WITH THE SENSE!」と叫べた(笑)。

イチゴ氏のMC。
「皆さんロッキンジャパンフェスティバル楽しんでますか?」で、観客が応えると「同感です」と。
「毎年グラスステージから見える景色は素晴らしくて、墓まで持っていきたい記憶ベスト…ハッハッハッハッ…わかんねえよ(笑)」
「食パンマンばりに白いですけど、ライブが終わる頃には…ハッハッハッハッ…そんなに変わってないと思います(笑)。」みたいな事を言ってた(笑)。
いつもああいう芸風なんでしょうか?(爆)

イチゴさんのパーカッションの音が聴こえてきて、オオキさんがポロローンって感じでギターを入れて「何の曲だろう?」と思ったら、これまたGG10でもやってた「オールドサンセット」だった。
こうやって、ライブで少しアレンジ加えて変化つけることはよくあるんでしょうか?
聴く側は嬉しいよね。

また曲が途切れる間もなく、ドラムで繋いで「FREE STAR」
この曲もいいですねー、好きですねー。
で、サビで周りがジャンプしてたので自然にこちらもジャンプせざるを得ない(汗)。
このモッシュ状態でもジャンプするとはー!
凄いです…。

次は「赤橙」
1stに入ってる代表的な曲のようで。
初めてライブで聴いたけど、今演奏するとこんな感じなのかーと。
いい感じだ。
CDの初期の歌い方より、私は断然今の歌い方の方が好み。
オオキさんがサビを先に歌って、バンドが入る形のアレンジでした。

オオキさんのMC。
「こんなに集まって頂いてありがとうございます」
「このステージは俺らにとって大切な場所で、かなり出させてもらってます。6回目か7回目か調べてくるのを忘れてました」
「ここから見える景色を大事にして、皆さんを信じて音楽をやっているので、今日は最高ですね(笑)」

そして、来月出す新曲「ALMA」について説明。
チリに世界で最大のALMA電波望遠鏡を作ってて、それで宇宙を調べると、宇宙の始まりの手前まで分かるらしい。
それが2012年にオープンするそうで、勝手に盛り上がって作った曲みたい(笑)。
ふーん、2012年ねえ。
アセンションうんぬんの例の年ですよ。
楽しみだ。
”ALMA”とはスペイン語で心とか魂という意味だそう。
どーでもいいけど、ヴィトンのバッグでもアルマってバッグないっけ?
あと、「意味のないものはひとつもない」とかも言ってたなー。
私も全く同感。
「明後日チリに行って世界で一番美しい星を撮ってくるんです。ロマンチックでしょ?」と言ったオオキさんがなんか素敵だった(笑)。
「ALMA」へ。
この曲はモッシュ状態から、しばし休憩の出来る美しい曲であった。

次は再びロックなモードにチェンジ。
「ロックは死んだとかどこかで言ってたけど、まだまだここで生きてますから」とオオキさん。
CMでおなじみ「DEAR FREEDOM」だ。
いまだに私はテレビで観たことないが…(汗)。

そして、次の曲がこのライブで最高に盛り上がった曲。
「ある証明」だ。
ファンとなった今、本当に好きですねー、この曲。
歌詞も好きだし、駆け抜ける感じがこれまた気持ち良い。
もーモッシュ凄いし、サビでは力の限り腕を振り上げたわよー(笑)。
ほんと凄かった。

その凄い盛り上がりのまま、途切れることなく「飛光」でラスト。
これもGG10で聴いて好きになった。
オオキさんは観客と「Yeahー!」と何度かコールアンドレスポンスしたりして。
相当盛り上がった。

GG10の時とまた違った、よりパワフルなステージだった。
やっぱり観客の数が違うもんねー。
…にしても、あんだけギター弾いてて、よくあれだけ歌えるなー、オオキさん。
そして、本当に白い(爆)。
たぶん私の方が黒いな。

もう前方で観るのはやめよう。
フェスだから短めだったけど、あれを2時間もやられたら、私は死にます(爆)。
yukiDさんも何とか生きていたが…(汗)。

でも、そのままビールを飲んだけど、やり切った感もあり爽快であった。
ちょっと前まで「死にそう…」と思ってたのに…あれ?(笑)


2010/8/7   ROCK IN JAPAN FES.2010 
GLASS STAGE 16:45
ACIDMAN

S.E. A beantiful gleed
01. ±0
02. CARVE WITH THE SENSE
03. オールドサンセット
04. FREE STAR
05. 赤橙
06. ALMA
07. DEAR FREEDOM
08. ある証明
09 .飛光

シートに戻るとラスさんがエレ友さんといて。
ちょっと休憩して、スピッツが始まったんでグラスステージへ。

「渚」とか、有名な曲をやられると自然と歌ってた。
ファンではないのに歌えるって、やっぱり売れてたってことですかねー。
カバー曲をやってる間、私は立ちながら寝ていた(爆)。
だって、ACIDMAN後の私には草野さんの声が心地よくってさー。
空は夕焼けが美しくてね。
テスト
「スピッツはロックバンド」って言ってた。
そういうイメージはなかったけど(笑)。

スピッツ後、ユニコーンを観ずに帰ることに。終電の関係でね。結局、グラスステージから駐車場まで約1時間かかってた(汗)。
駐車場に向かう間も、サンボマスターの熱い雄叫びが遠くから聴こえてきた(笑)。

…とまあ、連載形式になったが、今年の私のロッキンはこんな具合であった。

やっぱりフェスって楽しいね。
それなりに疲労感もあるが(笑)。
また私は行くのだろう。

|

« ROCK IN JAPAN FES.2010に行ってきた~その3~ | トップページ | 「BECK」完成披露試写会に行ってきた »

☆ROCK…ACIDMAN」カテゴリの記事

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI 」カテゴリの記事

音楽(ライヴ)」カテゴリの記事

コメント

ウラヤマウラヤマhappy02

エレカシもウラヤマですが、
ウラヤマイチゴのいるACIDMANはなおさらウラヤマ

>モッシュ
ふふふ、なめすぎです
>ウラヤマイチゴの芸風
最近はああいう感じ(でいく)らしいです
>アレンジ
よくやるようです。
時によって、いろんなアレンジを
「アルマ」を聴けるなんて、ウラヤマのウラヤマ
アルマはどんな曲だったでしょうか?
楽しみすぎて、死にそうです。
>XperiaのCM
やっと数回見たところです、僕も。
「ある証明」は間奏でためるパターンとためないパターンがあるのですが、どうでしたか?
すぐにGO!!!といって最後に突入しましたか?

ああ、そういえば赤橙も歌ったんですよね。
すごいアレンジで。
これも聴きたかった…

エレカシも、新曲に定番に稀曲に…
ああ、本当に…

良いライブだったようですね。ウラヤマウラヤマ
はて、僕は何回ウラヤマといったのか…

投稿: MSHBRY | 2010年8月18日 (水) 04時10分

ACIDMANはホントすごかった。
今、思い出してもあれだけの人の重力を感じたライブはなかったですよ~。それも野外ときた!(笑)いや~ホントになめておりました。
人に密着しすぎてずっーと手をあげられなかったし、ほとんどCMの曲以外覚えておりません…(^^;)

あと、斜め前の小柄女子が大柄の人たちの間からほとんど顔を上げて聞いていたので気になって気になってしょうがなかったです。

それでも不思議とイヤな脱力感はなくて逆に頭スッキリ☆でした。
初めての体験の酸欠寸前状態(笑)
今度は曲の内容もしっかり楽しめる辺りで聞こうと思います(笑)でもまた前方にいってしまいそうですが~(汗)

毎回違うアレンジが楽しめるんじゃぁ、師匠、ますます忙しくなりそうですねっ!!(笑)

投稿: yukiD | 2010年8月18日 (水) 13時45分

>MSHBRYさん
「アルマ」は、星空が容易にイメージできるような壮大な感じのバラードでした。
分かり易い歌詞だったように思います。

「ある証明」うーん、どっちだろう?
たぶん、ためてるタイプだったんじゃないでしょうか。
GG10の時はどっちでしたか?GG10と同じパターンだった気がします。

かなり盛り上がってましたよー!
MSHBRYさんは前方エリアで観ること多いですか?

>yukiDさん
本当に凄かったですよねー。
あれは野外だからまだマシだけど、ライブハウスじゃ倒れそう~!
爽快ではありましたよね、確かに。

ちょっとずつアレンジ変えてくるのを探すのも楽しいですねー。

投稿: アイボリーナ | 2010年8月19日 (木) 01時24分

ALMA、OTODAMAで聴けなくて悲しい(ノ_-。)

ある証明は
「世界を救うこともあるだろう」から「絶え間なく」の間の間奏のことでGG10ではためていませんでした。

時によっては見るかもしれませんが
OTODAMAではかなり前の方にいました。

が、怖いので絶対に前でみるというはありません。

投稿: MSHBRY | 2010年8月25日 (水) 19時37分

>MSHBRYさん
ALMAやらなかったですねー。
まずはオリジナルのバージョンを知ってもらってから…というオオキさんの話を聞いて、なるほどねえ~と思いました。
ロックバラードですよー。

OTODAMA、私も前で観てましたー。
今回はアコースティックなせいか、落ち着いた環境でじっくり観れましたねー。

前で観るのは、私もやっぱり自信ないです、爽快だったけど…(汗)。

投稿: アイボリーナ | 2010年8月26日 (木) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14645/49166957

この記事へのトラックバック一覧です: ROCK IN JAPAN FES.2010に行ってきた~その4~:

« ROCK IN JAPAN FES.2010に行ってきた~その3~ | トップページ | 「BECK」完成披露試写会に行ってきた »