« エレカシ金沢 ミラクルな旅 ~はじめに~ | トップページ | エレファントカシマシ@浜松 窓枠 »

2011年4月17日 (日)

2010年の遭遇

金沢の話をする前に、よく考えたら去年の宮本さんと遭遇した話を書いてなかった(汗)。
すみません、とっておきのネタだったのに…。
記憶を辿って書いてみよう。

ちなみに、この遭遇は3回目。
前からブログ読んでる方はご存知と思いますが、1回目はファンになる前の2007年、2回目は2009年仙台遠征時。

仙台のはブログに書いてないかも…。
Zepp付近ですれ違ったのだ。
一般人が騒いでるのを見て振り返ったら宮本さんで。
でも歩くのが早すぎて、見た時には会場に入っていく所だった…という(涙)。

では、3回目の遭遇話、いってみよう!
___________________________

忘れもしない、2010年9月15日(水)。

前々からこの日は休みをとっていて、銀座のクリニックに婦人科検診に行こうと思っていた。
せっかくだから、その後、前髪切って、映画観て帰ろうかなと…。

検診が終わって、美容室に電話。
すぐ行っていいか聞いたらOKもらえたので、そのまま直行。
10分くらいでカット終了(笑)。

日比谷まで足を伸ばし、シャンテの割引クーポンもらっていたのを思い出し、栗原はるみプロデュースのお店でランチをした。
まあまあかなー。

そして、日比谷スカラ座に行って、公開したばかりの「悪人」を観ようと窓口付近へ。
電光掲示板を見ると、まだ14時前だっていうのに「悪人」は最終回前まで満席だった。
油断してたなー。

すると、おじさんが来て「悪人」と言って。
(げっ!席が埋まっちゃう!)と内心焦ったが、窓口の人が「最前列でもよろしいですか?」と言ってるのが聞こえて。
最前なら気持ち悪くなっちゃうから、どっちみち無理だわ…。

とっさに、六本木ヒルズは「悪人」どんなかな?と思って携帯で検索してみると、席はまだまだある模様。
六本木行けばいいかー。
本当は日比谷で用事を終わらせて帰る予定だったんだけど、ここで初めて六本木行きを決定
ここ、大事です!(笑)

六本木ヒルズに到着。
すぐに映画館へ行って予約を取る。
15:45開演だったと思う。

まだまだ時間があるので、コーヒーでも飲もうかとフラフラ。
途中で期間限定のジェラート屋さんがあって、つい入ってしまいジェラートを食べた(笑)。
滞在時間10分弱か(爆)。

そして、前に一度友達に連れて行ってもらった、カフェアメリカーノに行こうと移動開始。
オフィスタワーの中にあるんだけど、意外と知らない人がいるのでは?
プラス、オフィスタワーって何となくふらーっと入りずらい雰囲気で。
警備の人とかいるからかな(汗)。

スタバにチラッと目をやると、席はちらほら空いている。
アメリカーノの方が空いてなければ、スタバでいいか…とエスカレーターの方へ向かう。
あれ~?どこから行くんだっけ?とキョロキョロ周りを見渡す私。
すると、同じくキョロキョロしながら横を通りすぎた人が…。

…ん?
黒Tに黒パンツに、後ろポケットには文庫本…。
え?
み、宮本さんじゃないかーーーーーー!!!!!!

キョロキョロしていた宮本さんは、スタバが目に入ると一目散にスタスタ歩き出した。
思わず私もスタバの方へ戻り。
スタバに待ち合わせの人がいた模様。
スタッフか。

その男性が席を立ち、宮本さんの分であろうコーヒーを注文。
隣のレジで私もコーヒーを注文。
カフェアメリカーノはもちろん却下!!!(笑)

庄司さんと、よく見かけるスタッフさん、宮本さんの3人。
さすがに隣に座るのは気がひけたので、ちょっと離れた所に座ることにした。
こーなったら「悪人」も別に観なくていい!!!(爆)

ちょうどファンクラブの会報持ってるし、ペンもある。
いよいよ”その時”が来たかー。
我ながら凄いと思った。
よくぞ六本木に来たなと。
若干しみじみ(笑)。

平日の14時台だから、周りはほぼオフィス~な人々。
若干若い人もいたけど、誰も騒ぐそぶりもなく。
スタッフの人が隣のグループの人からカメラ渡されたから、どうするのか見てたら、なんてことはない単純に「自分たちを撮って」ということだったらしい(笑)。

PCを庄司さんが開いて、なにやら宮本さんに説明している模様。
内容は全然聞こえないけど、ときどき宮本さんの声が聞こえた。
声、デカいね…(笑)。

途中、宮本さんと庄司さんが席を立ってどこかへ行ってしまった。
タバコかしらねー。
スタッフの人が一人席に残っていたんだけど、ちょっと目が合ってしまった(汗)。
私は暴れませんよ…(笑)。

オフィスタワーの上で働いてる友達にメールをしてみると、ちょっと出てくると言う。
スタバに現れた友達は笑いを抑えながら、私の前に座った。
本当にいるじゃないか、と。

さすがに仕事の打ち合わせ中だから、声かけるとしたら席を立った後だよなと。
…なんて考えていたら、宮本さんの携帯に電話がかかってきたらしく。
「今、下にいます!」みたいな事をデカイ声で言ってるのが聞こえて、急ぐ感じで席を立った。

とっさに友達と宮本さんの後を追ったが、狭いエレベーターホールに入ったのが見えて。
ちらっとのぞくと、そこに一般人が一人いて。
この状況じゃ、声をかけにくい…。

仕方なく宮本さんたちがエレベーターに乗った後にホールに入ると、下に降りていった模様。
下といっても、地下1~3まであって。
ひとつひとつ覗いてみたが見つからなかった。

あーあ、残念無念…。
誰もいない…と言えば、すれ違った時が最高ではあったが、ちょっと急いでたし呼び止めるには難しすぎた。
まず、宮本さんだと認識するまで2~3秒はかかったし(笑)。

タバコに立った時がチャンスだったかなー。
うーむ。

結局、宮本さんがスタバにいたのは20分くらいだったろうか。
普通の誰もが使う場所で、私も何度も使ったことのあるスタバで、同じ時間を過ごしていたのが不思議であった。

後で、ブートレッグのブログにて六本木で打ち合わせがあったと記述あり。
ピストンさんのエレカシMixに繋がったのだろう。

でもまあ、あのタイミングですれ違わなかったら気がつかずにいただろう。
限りなく近くにいるのに。
絶妙のタイミングすぎた。
ジェラート屋に入ったのも気まぐれだし。
何より日比谷で映画観てたら、六本木には来なかったし。

この出来事で、改めて「自分の直感に従って行動する」で間違いないと確信した。
予定は未定。
目の前で起こる事に柔軟に対応していく。
一見マイナスに思える出来事が起こっても、いつまでも残念がらずに。
「じゃあ、どうしようか」と即、頭を切り替えて行動する。

そう思ってずっと行動してきたけど「それでいいんだよ」って言われた気がしたのだ。
今回は惜しかったけど、きっともっとベストなチャンスがやってくるんだ…と、その時の私は思ったのだった。

|

« エレカシ金沢 ミラクルな旅 ~はじめに~ | トップページ | エレファントカシマシ@浜松 窓枠 »

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI 」カテゴリの記事

コメント

師匠出会いすぎ(笑)


師匠パワーのお陰で此方までラッキーにも
いつも有難う師匠!

投稿: アイシェ | 2011年4月18日 (月) 12時28分

>アイシェさん
いえいえ、こちらこそ。
今回は様々な事が上手い具合に作用しあった結果だと思いますよ。

せっかくだから、金沢の記事は連載にしました(笑)。
あとで自分も振り返るのにいいし。

投稿: アイボリーナ | 2011年4月18日 (月) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14645/51421383

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年の遭遇:

« エレカシ金沢 ミラクルな旅 ~はじめに~ | トップページ | エレファントカシマシ@浜松 窓枠 »