« ライジングサンロックフェスに参戦決定!!! | トップページ | エレカシメディア情報 20120815 »

2012年8月 9日 (木)

”ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012”に行ったつもり

蝦夷行きの荷造りがやっと終わった。
既に相当重い…(汗)。
2泊4日だからな~。

行く前にRIJFの記事を立てておかねば…と思って。
仲間のラスさんがRIJFに行ったので写真をお願いして、たくさん撮ってきてくれたので厳選して載せます!
これで行った気分になろう(笑)。

2012年8月4日(土)

Rjif2012_15
翼のゲート
懐かしいな~。
ここから入場ですね。

Rjif2012_1
LAKE STAGE
入場してちょっと歩くとすぐあるステージですよねえ。
いつも私はグラスかレイクに行ってたっけね。

Rjif2012_12
SOUND OF FOREST STAGE
ここは私行った事ないかも(汗)。

Rjif2012_14
WING TENT STAGE
これも、そばを通っても中に入ったことはないな~。

Rjif2012_3
DJ BOOTH

Rjif2012_5
Seaside Stage

これはビートモーターズ観に行った場所だ~。

Rjif2012_6
Seaside Stageからの眺め
こんな風景が見れたんだね~。
知らなかった。

Rjif2012_11
GRASS STEGE近くのオブジェ
毎度色々素敵なオブジェがあるけれども、今回も綺麗~!

Rjif2012_7
オブジェの中
いいねえ~。

Rjif2012_8
GRASS STAGE
エレカシ待ちの時ですって。
そうそう、この眺め。
待つ時間が暇っちゃ暇だけど~。
ライブ始まるとあっという間なのにね…。

Rjif2012_9
夜のGRASS STAGE
the HIATUS前ですって。
いっぱい集まってるね~~~。
この日のトリだもんね。

Rjif2012_10
ラストの花火
こういう感じで上がるんだ~。
いつもラストまでいなかったから、この眺めは新鮮。

肝心のエレカシのライブはと言えば、ツイッターでリアルタイムに検索しまくってたけど、いいライブだった感じがツイートの雰囲気で伝わってきた。
セットリストを見てみよう。

2012/08/04 sat
ROCK IN JAPAN FES.2012
GRASS STAGE 14:15

01.優しい川
02.悲しみの果て
03.俺たちの明日
04.七色の虹の橋
05.我が祈り
06.今宵の月のように
07.so many people
08.世界伝統のマスター馬鹿
09.ガストロンジャー
10.ファイティングマン


いやー、エレカシ検索してても誰も「優しい川」とかつぶやいてなくって。
ま、そりゃそうだろうけど(笑)。
まさか1曲目にやるとはねー!
やられたねえ。
マニアには堪らない。
現地にいたら一気にボルテージ上がったろうに…(涙)。
ロッキンの時は大抵1曲は「おおー!」と思う曲やってくれるイメージあったけど、1曲目とはね…。

あと、久々の”エレファントカシマシS”だったそうで。
ツタヤさんとミッキーを蝦夷でも見れるだろう。
見たら何かほっとしちゃいそうだわ、何となく。

蝦夷はどうなるんだろうな~。
想像して楽しめるのは今の内だけのお楽しみ(笑)。

そうそう、グッズ新しいの出ましたよねえ。
馬鹿グッズとか(笑)。
イラストのじゃなくて、漢字の馬鹿タオルは欲しい。
ちょうどラスさんが着用例として写真をおまけでくれました(笑)。

Rjif2012_13
ファンの鏡とか言われてたね(爆)。
これでロッキン参戦してたんだもんね。
やるねえ(笑)。

…というわけでラス特派員さん(笑)、写真ありがとうございました!!!
また暇な時にレポもよろしく~(笑)。

|

« ライジングサンロックフェスに参戦決定!!! | トップページ | エレカシメディア情報 20120815 »

☆ROCK…THE ELEPHANT KASHIMASHI 」カテゴリの記事

コメント

行ってきましたRIJF!
長いですがDBさんにも投下したレポです~↓

今年も快晴で汗だくになってあちこち見て回っているとあっという間にエレカシの出演時間。14:15グラスステージ、宮本さん髪の毛グシャグシャしながら登場。蔦谷さん黒のメフィストTシャツ着てた。
今回は久々の蔦谷さんキーボード、昼間さんギター、エレカシメンバーの6人体制。
この2人がいるとやっぱり音が安定する。隙間を埋めるという感じ。
【優しい川】かなりビックリした。ここ、フェスだよね?野音じゃないよね?石君イントロ部分2回。宮本さんスタッフに指で上げろの指示。モニターに片足かけてゆっくり見回し歌い始めた。右側に歩いて行くとステージ前方に設置してあるライトに足をつまづく。そのまま蹴っ飛ばして(取れなかったけど)向きがあさっての方向へ・・・。中央にもモニター前にライトがあって、歌の合間に徐にガッと掴みそのまま引っこ抜いた!コードが床からズルズルーーっと伸びる!更にそれを後ろに投げ飛ばそうと!!観客ワッと沸く(笑)それ見たスタッフがステージ下にわーっと出てきて、尚且つ私の近くにいたカメラマンの橋本塁さんが宮本さんのステージ下までダッシュしてカメラを構えていた(笑)宮本さんに引き抜かれたライトはステージ外にぶらーんと下がり、それをステージ下でスタッフが元の位置に戻す作業を一生懸命しているすぐ上で、宮本さんモニターに乗ってめちゃめちゃカッコよく熱唱しまくる。その絵面がとてもおかしくてウケてしまった(笑)広い広いステージ、大観衆の中で響く優しい川は感激!!
【悲しみの果て】声がスカーーーン!と飛んでいく!ホームランのような悲しみ!
【俺たちの明日】なんとかスタッフによって元の位置に戻されたライトは結局撤去されてしまった(笑)後半、宮本さん石君にごちん!とぶつかって行って、慌ててマイクに戻るも「さあ、頑張ろうぜ!」の部分遅れるw
【七色の虹の橋】アコギを足に挟んで水ゴクリ。椅子の背もたれに座るいつもの弾き語りスタイルに周囲は「そこ座るの違うんじゃ・・・」という声がチラホラ聞こえた。「自慢の弾き語りを」「人生は素晴らしいっていう、なんでもかんでも素晴らしいってことにしてるんだけど、そういう歌」ひたちなかの青い空の下、聞こえるのは宮本さんの声とギターのみ。はっきりくっきり丁寧に聞こえてくる。終わってはっきりと「ありがとうございました」
【我が祈り】実はこの曲、個人的にどう反応したらいいのか良く分からないままツアーが終了してしまった。今日はどうだろうと思ったら、ドーーーンと惜しげもなくエネルギー大放出!!炸裂しててかなり良かった。今日のが一番好きかも。曲の中盤くねくね動いてた。昼間さんがいるからギターおまかせ場面よく見た。
【今宵の月のように】「夏の歌」と言って始まる。「君の面影~」でマイクスダントからマイク取って左へ→右へ(この曲あまりウロウロしないからちょっと珍しいなと思った)「俺たちは走り続ける~」で手を走るように振ってた。いつどこで何度聞いても名曲は素晴らしい。勿論今日も。
メンバー紹介。
【so many people】どんどん速くなって高速になってた!「あなたと!」左方向指差し「あなたと!」右方向指差し「乗り越えようーー!」両手ぐわっと上げる。ラスト「いよぉッ!!」で〆!
【世界伝統のマスター馬鹿】「ロッキンオンのステージに立てて皆に会えて嬉しい」「世界伝統のマスターばーーかばーーかワンツースリー」で始まる。馬鹿タオルをフェスグッズにするくらいだからやるだろうと思っていましたが。今日ぶっ飛んでた。キレキレ馬鹿!気温が高いのに更に温度上げてる。ラスト「ゴー!!」後ろ振り返って「ゴー!ゴー!」もう一回。
【ガストロンジャー】イントロを石君に指示。マイク手に取って広いステージの左側端っこまでマイクコードひっぱって行く。丹下さんマイクコードが絡まないようにさばいていく。どんどんひっぱる宮本さん、どんどん伸ばす丹下さん良い仕事中。今度は右側端っこまで。一瞬RIJFの大きなフラッグを見上げる。成ちゃんの所に行ってベースを掴み止める。ドラムもギターも止めてキーボードとシンバルのみ。台詞部分をじわじわ言って声をだんだん大きくしていったのでトミがドラム叩き始めたら「うるせー!」って止めてた。これには笑いがおこる。「化けの皮剥いだら風邪引いちゃうよ?化けの皮でできてんだ俺は。」←笑いが起こるw「皆大好き、おとしーどころ!あいつも大好きオマエも大好きおとしーどころ!原発反対原発反対、バーカ!」「誰が進化した、誰が空をお飛びになったんですか?」←かなり皮肉たっぷり感。(原発反対のくだりは反対とか賛成とか言ってるのではなく、どちらも化けの皮剥いでみたらどうなんだよ?っていうような感じだと思いました。受け取り方は人それぞれですが。説明的なものはなかった。)シャツボタン2個外す。胸がはだけて残り2個に。蔦谷さんに向かって「なななななななーなー!」蔦谷さんキーボードで返す。そしてドラム横のアンプ上にマイク置き、ピックを掴み成ちゃんのベースひったくり。またやった!!二回目!(しかし丹下さんがサッとギターを持ってきて成ちゃんエアベース免れるw)宮本さん椅子に片足乗せてガンガン弾きまくり!蔦谷さんが笑っているのが目に入る。観客からどよめきと歓声が!満足した宮本さんベースを成ちゃんに返却。成ちゃんまたギターからベースに交換、丹下さんとあたふた。モニターの上で左足をカッと上げて右足一本立ちでくわっとこっち指差して「ドーーンと行けぇぇええ!!!」うひゃあ痺れた!!!
【ファイティングマン】石君左側へ指示されそっちでギター弾く。石君の肩に宮本さん思いっきり腕を乗せて寄り掛かって石君笑いながらしりもちついてた。残りのボタンをブチブチッと飛ばし、左脇は裾から脇の下まで最大級に裂けててかつてシャツであったものはヒラヒラしていた。ラスト、バスドラの上に乗って「エビバデ!ファイティングマン!」大ジャンプ!・・・はしなかった。ストンと下りた。シャツの左前身ごろをたなびかせ、両手投げキッスしてステージを去って行った。
15:03終了。熱い熱い、ツアー後の何となくもやもやしていたのがスパーンと払拭されて気持ちの良い最高のライブ!!世界一かっこいいと思った!

投稿: ラス | 2012年8月 9日 (木) 23時18分

師匠、ラスさん有難うーーーっ!
やっぱエレカシは、凄いわ。staffも気合いはいるわ、だれれないプロとして、
メンバーは信頼あるから怒鳴れるし、メンバー怒鳴って客の意識を集中させときのその発言。
人間は神にはなれんのよ。
全くいつもエレカシにはテーマ与えられるなぁ…。
自問自答で頭ん中グルグル。
エレカシ。つきないつきない思い。大好きだ、このバンド

投稿: アイシェ | 2012年8月10日 (金) 12時01分

>ラスさん
レポありがとう!!!
でも途中で途切れてるので、暇な時に続き貼り付けよろしくお願いします(笑)。

ライトを引っこ抜くって自由すぎる(笑)。
そこテレビでやってほしいわ。
原発反対ってライブで言ったの初めてだよね、たぶん。
のびのびとしたステージをやったんだろうな〜とレポ読んで思いました。

>アイシェさん
いや〜、ラスさんがたくさん写真撮ってきてくれたのをまとめただけです、はい(笑)。

アイシェさんも一度はRIJF行くといいかもしれませんよ〜。
T氏もロッキン系は外せないって言ってたけど、今回改めてそうだなと思いましたわー。
なんだよ、優しい川って!(ブーブー)

投稿: アイボリーナ | 2012年8月15日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14645/55382524

この記事へのトラックバック一覧です: ”ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012”に行ったつもり:

« ライジングサンロックフェスに参戦決定!!! | トップページ | エレカシメディア情報 20120815 »