カテゴリー「スピリチュアル系」の31件の記事

2012年1月15日 (日)

自分を清めるということ

風邪は咳が酷くなってきた。
明日も咳の状態に変化なければ医者行こう…。

さて、今日は仕事だったのだが、同僚のあふろさん(もちろんハンドルネームね)が1冊の本を貸してくれた。

神様からの真実
神様からの真実
著者は大川知乃さん。
私は初めてこの方の本を読んだんだけど、マガジンハウスからも本出てるし、女性誌「Domani」でも連載してるようだ。
大川さんは神様が見える方らしい。
「神様」ってついてるけど、別に宗教系の本ではない。
誰でも読める内容だ。

一気に読んだのだが、これまた今の自分にはタイムリーな内容で…。
それも結構厳しく書かれており、非常に耳が痛かった。
怒られてる気分になった。
今まで気になってた事、過去の出来事など繋がった部分が結構あった。

ずっと前から当ブログを見て下さってる方は知ってると思うけど、2010年は過去最高に自分を見つめ直した年で、臭いものに蓋をしがちな自分を正面から向き合い始めたのね。

その作業もやりつつ、2011年は思いっきり遊ぶ年って事で遊びまくって望む結果も得られた。
やり切った感もあり、2012年は静かに暮らそうと年賀状にも書いた。

で、この本よ。
書かれてる言葉が突き刺さりまくり。
自分がいかに欲まみれで穢れているか。
エゴの塊だったな…と振り返り。
自分の幼さを恥じた。
2010年に小田原のヒーラーさんにきつい事を言われた以来のパンチがきた感じ。
色々考えさせられた。

続きを読む "自分を清めるということ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

今週の一枚 20110704

最近またオラクルカードを引き出したのは書いたと思うけれども。
試しにブログの読者の皆様に向けて一枚引いてみました。
いつまで続けるか分からないけど、試しに(笑)。
たまたまカード見た人に何かピンと来るような気付きであったり、力を与えたり、癒されたり…みたいになればいいかなと。
今回はこれが出ました。
MAEVE
Cycles and Rhythms
周期とリズム
以下、ガイドブックより一部引用。
「あなたの体、エネルギーレベル、感情などの周期を大切にしましょう」
「すべてのものには周期があります。
あなたの体にも、はっきりとした周期と変化があります。
これらのリズムを称え、あなたの中に流れる活力源として喜んで受け入れましょう!」
休みをとる、悲しみに浸ることを自分に許す、このスランプのような状態はいつまでも続かない
など。
ケルトの女神、メイヴ様です。
一時期、私はこれがよく出てたけど、最近めっきり出ないし、これは私向けではないメッセージではないなー。
特に女性は月のモノとかありますからね。
その何日前はイライラとか、食欲出るとか、人それぞれでしょうけど。
そんな時期はそれとして受け入れて、また元気に動ける時に備える…とかさ。
…って事で、たまたま見た人に何かピンと来るものがあるといいなー(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

エレカシ金沢 ミラクルな旅1~ラジオ生出演編~

前に投稿した”エレカシ金沢 ミラクルな旅~はじめに~”の続きです。

細かいエピソードが絡まり合って、全てが繋がって上手く運んだ事例として素晴らしかったのだ。
全体を通して見ないと細かい所が生きてこないので。
よって、金沢の記事だけは1日の流れで書きます。

例によって私的「ミラクル」ですので、そこんとこよろしく(笑)。
______________________________

4月14日(木)、いつものように夜行バスで金沢に入った。

久々にWillerのバスを利用したんだけど、平日だから空いてるかと思って4列シートにしたら、なぜだか混んでいた。
読みが甘かった。
単に金沢に停まるだけのバスなら空いてたのかもしれないが、そのバスはたくさんの停車があったんだよね。
終点は福井だったかな。
隣に人がいると落ち着いて眠れない。
寝ることは寝るけど(笑)。

金沢ライブは、仲間のアイシェさんとラスさんも参戦とのこと。
うちのグループの人々って、どこに参戦するかは事前に皆に言うんだけど、ライブ後は打ち上げするのが恒例なだけで、あとは流れで特に決めない事がほとんど。
せっかく休みをとってお金遣って遠征するんだから、自分の行きたい所に行きたいし、皆もたぶんそうだろう…と思ってて。
個人の意志を尊重したいのね。
ある程度の距離感を保った付き合いって大事だと思うのだ。
特に長く付き合っていきたい人たちとは特にね。

それとは別に、普通の旅行となったら皆でスケジュール立てて集団行動するけどね。
その旅行とは別モノな感覚なのである、遠征旅行は。

そんなわけで、大抵は自分スケジュールで動くのが常。
金沢もそんな感じで、ざっくりスケジュールを立てた。

バスは予定の時間くらいに金沢到着。
バスが着いたのはこっち側。
Eki
逆側の駅は近代的な感じで素敵だった。

Eki2

駅着いたら、まずトイレ行って洗顔等を済ます。
お土産屋が開店する前までは、どこかで朝ごはんを食べながらスケジュールチェックしようと思って、駅をブラブラしていたら、アイシェさんとバッタリ会った。
あら、もう会っちゃった(笑)。

「私は朝ごはん食べに行くんですけど、どうします?」と聞くと、一緒に行くと言う。

Gohan
駅構内のお店でモーニング。
店内にいるお客は、平日だからビジネスマンがほとんどだった。
そりゃそうだよな…(笑)。

私のスケジュールをアイシェさんにお知らせ。
周遊バスでぐるぐる周り、兼六園に行き、お昼はハントンライスを食べて、ライブハウス付近で待機…という感じ。
アイシェさんもそれに同意して、プラス美術館に行きたいと言ったので、ガイド本で見たらルート的にも問題なかったので「じゃあ一緒に行きましょうか」という流れになった。

続きを読む "エレカシ金沢 ミラクルな旅1~ラジオ生出演編~"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

インナーチャイルドについて学ぶ

久々にスピ系の記事を…。

過去ログを見ると書いたりしてるんだけど、去年は私にとって過去最大に自分自身と向い合った1年で。
蓋をしていたものを、ちょっとずつ開いて見始めたというか…。
潜在意識化にあったトラウマ的なものを、ヒプノセラピーで辿っていったのも大きな体験だった。
そうだ、ヒプノセラピーの体験談も書いてなかった、思い出したー(汗)。

去年、自分の過去をさかのぼるのに、何をやろうか探してたのね。
選択肢としては、ヒプノセラピー(退行催眠)かインナーチャイルドワークだった。
去年はとりあえず、ヒプノセラピーを受けてみて。
インナーチャイルドのワークも、お金に余裕が出たら受けてみようと思ってはいる。

その、インナーチャイルドのワークをやっているのが、”ラブバンドル”うらたゆきこさん。
過去に何度もお世話になったヒーラーさんだ。
その方が、10回無料メールセミナーを開始するそうだ。

続きを読む "インナーチャイルドについて学ぶ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月15日 (水)

シンクロも増えてきた

昨日から、またシンクロ現象が目につき出した。

「ACIDMANが12日に赤レンガ倉庫でライブやったんだよなあ〜」と頭の隅で思ってたら、たまたま見たあるブログでも赤レンガ倉庫の記事が載ってて。
その後、チラッと「ブラタモリ」見たら赤レンガ倉庫が映ってて。

「久々にシンクロ〜!」と思って、いつもの「不思議メモ(シンクロを記録メモ)」に記入。

続きを読む "シンクロも増えてきた"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

WIN-WINであること

3月1日に週1日の入力の仕事が終わり、仕事3つ掛け持ちが2つに減ったのは前述の通り。

他の仕事との兼ね合いで、月曜日か金曜日で週1日の入力系の仕事を探していた。

そんな時、火水木の築地の仕事が派遣法との絡みで、MAXでも9月までしか職場にいれないことが分かった。
現在、1ヶ月更新で繋いでいるんだけどね(笑)。

とりあえず4月も更新が決まったあたりで、私は勝手に3月末で終了と思っていたけど、たぶん9月までは実際は置いてくれそうだなと感じた。
いつ切られるか…と思って働くより断然良い。
むしろ予定立てやすくて、私的には素晴らしい展開。

…となると、週1の仕事も9月までの短期にして、10月から自由に動けるような形が望ましい。

仕事をちらっと探してみたけれど、そんな私の条件にぴったり当てはまる週1はなく、無理すれば何とか…という仕事が少しあった。

そこで色々考えた。
「自分がストレスを感じる条件の仕事ならば、初めから応募しない」と。

それが3月18日のこと。
私の「何でも手帳」に決意が書いてある(笑)。

その翌週。
会社の先輩と今後の仕事についての話をしてて。
「9月までで仕事終わるなら、扶養入れるかも」と先輩。
続けて「計算したら8月に辞めないと扶養に入れない…」という。

えー、それは困ります〜。
ここまで長く勤めて、どうせなら皆で解散した方が美しいじゃないですか(笑)。

それで、私が先輩が入ってる月曜日も働くとしたら…という話が出て。
14〜19時という時間だけどいいのか聞かれたけど、私は仕事なくてもいいや…と思っていたので、少しでも収入が入るのは有り難い。
それも同じ職場で1日増えるだけの話。
新しい職場に行って、仕事覚えて慣れるのとか考えたら、かなり楽だ。
それも9月まで働けるだろうし。
月曜日14時からって時間も、夜行バスで朝帰ってきても、家帰ってゆっくりしてから出勤できるし(笑)。

よく考えたら一番ベストな展開ではないか!
全然イメージしてなかったけど。

それから、派遣会社に話がいき、トントン拍子で4月から月曜日も築地の仕事に行くことになった。
先輩も扶養内に収まるみたいだし。
皆で9月まで仕事して解散…できそうだ。

いい意味で「なるようになる」と心配しないで委ねた結果、皆が痛まず、望ましい結果を得られた良い事例だった。
お互いに「WIN(勝ち)/WIN(勝ち)」ってやつですね。
誰かが負担になったり…は避けたいし。

自分の仕事に対する今の気持ちは「流れに任せる」スタンス。
躍起になって週1の仕事探してたら、こういう流れにはなってなかったと思う。
いい具合に力抜けてたし。
細かすぎて書けないけど、色々な事が上手い具合にいいタイミングで進んでいった。

やっぱり執着はよくないんだな〜。
「何が何でも○○する!」っていうのは、実は不安や心配の裏返しだったりするわけで。
しがみついてるようじゃ、自分信じて委ねられてないって事を言ってるようなものだ。

…というわけで、9月まではそこそこ稼げそうな見通しが立ちました。
めでたし、めでたし(笑)。

10月以降はどうなるか分からないけど、きっと新しい面白い展開になると信じて、今を楽しみますわー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

絶妙なタイミング

「アバター」観てから1週間過ぎたのか。
早いものよのう…。
あの日も実はまた面白い事があったのだ。

「アバター」は3D眼鏡を入口で渡され、スクリーンに指示が出てから眼鏡をかけるわけ。
でも「始まる前から気合入れてかけてる人いたらウケる(笑)」と話してたのね。

座席は、今はさらにTOHOシネマズ系は座席指定でピンポイント予約できるようになり。
私は端の席が移動が楽だから選択。
列は何となくH列にした。

そして、予告編含み約3時間、映画を堪能。
既に終電時間近い時間帯だったから、エンドロール見ずに足早に帰る人も多く。
私達は最後まで観て座席を立って歩き出した。

それで、話ながら歩いてたんだけど、ふと自分の後方が目に入り驚愕。
前に約4年間お世話になって会社の先輩ペア(それも最高に面白いお二人)がいるではないか!
思わず声をかけ、もしや…と思い聞いたら同じH列の同じブロックのセンターにいたらしい。
面白すぎるんですけど(笑)。

同じ映画、同じ映画館、同じ上映回、同じ列…ってさ。

それも最近、一方の方にはバイト紹介してもらったし、もう一方の先輩は、12月に会ってて「もうそろそろ連絡しなくちゃ」と思ってた矢先だったのだ。

ちなみに、面白いそのN先輩は「始まる前から一人で眼鏡かけてた(笑)」と何も私が言わなくても、自ら言ってきた。
やっばりいたか(笑)。
さすがN先輩(爆)。

映画館、大きいのにねー。
700人近く入るから、ちょっとタイミングずれれば同じ会場内にいても会わない事もあるだろう。
エンドロール見ずに帰ったら、限りなく近くにいたのに会うことはなかっただろう。
韓国ドラマみたいな超ニアミスとか(笑)。

力抜けて、リラックスして、自分を信じて流れに身を任せていれば、ベストなタイミングで物事は進んでいくんだなーと改めて再確認した。

もし煮詰まったり、頭かかえるような事があったとしても「もういいや、考えない」(エレカシの歌より)と良い意味でポーンと手放す。
そうすると、意外と上手く回り出すことあるもんで。

とにかく、行ってもない先のことを今グダグダ考えて時間を過ごすのはモッタイナイ!(外国人風に読んでね、笑)

物事にはタイミングがある。
分には乗り越える力があるから、大丈夫…と自分にOKを出す。

もっと自分を信じてあげていいですよ、
皆さん(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

何かが動く時

今日は超楽しみにしていた生パスタを食べに行った。

誰を誘おうか…と考えてた時、Mちゃんが頭に浮かんだ。
Mちゃんには年末にもあったんだけどね。
メールで誘ったら行けるとのこと。
パスタの話は改めてするとして。

正月から今日までMちゃんは色々あったらしく、いずれ私に話そうと思ってたら私からメール来たそうな(笑)。
なんてグッドタイミング。
私は「生パスタ食べたいー」と思ってただけなのに(爆)。

話聞いたら本当に色々な動きがあり、彼女にとっては相当な節目だなーと感じた。
本の章が変わるみたいな感じの、節目。

その話を聞いて私は自分の過去を思い出した。
(前も書いてたらごめんなさい)

2002年のこと。
1月の始め、私はエアロスミスの日本公演を全ツアする予定でチケットを取り、航空券を買い、ホテルをおさえた。
夢だったのね、全公演まわるのが。

そんな時、実家の会社が大変な状態になり、さすがの私も「今は全ツアーする時ではない」と、お腹の底から思って全ツアを断念した。
昔の私だったら好き勝手やってしまってたんだけど、この時はスッと諦めて。

次の日に、一緒にまわる予定だった友達に会い、事情を話して謝り、その足で航空券もキャンセルした。

その翌日くらいのこと。
家にTSUTAYAから電話が入った。
「レンタルしてたっけ?」と思って出たら、なんと年末に携帯で映画のクイズに応募してたのが当選して、ロンドン行けると言うではないか!!!
それも一週間後に。
そのクイズ、トム・クルーズ主演「バニラスカイ」だったんだけどね。

家は「とてもエアロ全ツア行くなんて言えない…」という状態だったのに、それを上回る凄い出来事が起こり「何としてでも行ってこーい!」となり(笑)。

パスポートも期限切れてたり、色々大変だったし、沢山の方々に協力して頂いて、最後の最後にトムにも会えて、有り得ない貴重な体験をしてきた。

あの時、自分の中では夢だったことを前向きに諦めて、いつまでもグダグダせず切り替えた、吹っ切れたからこそ、スペースができて良い出来事が舞い込んできたんだと思う。

何かの出来事を諦める、終わらせる…ということは一見言葉のイメージ上はマイナスに見えなくもないが、ポジティブな考えに基づいて選択であるならば、エネルギー的な部分では大きな動きが出ると実感した。
意識も相当変わるし。

でも、そのスペース分、またはそれを上回る良い事が、思っても見ない形で起こったりするから不思議だ。

新春ライブのチケットの件もそうだったけど、Mちゃんにも良い出来事、それも今までの停滞から抜け出せそうなラッキーな出来事がちゃんと起こってた。
個人的な話すぎるので、今回は具体的には書けないけれども。

ブラスとマイナス…。
マイナス風なドカーンと出来事がこうして友達のように起こっても、ちゃんとそのマイナスした分に匹敵するようなプラスな出来事が起こってバランスとっているように思う。
それが自然の流れなんだろう。

エアロの全ツア諦めた時の私は非常に残念だったし無念だった。
でも、自分で納得した上の断念で。
そのショック分、ドカーンとロンドン旅行当選した部分もあるかなと。

あとは、これまでの行い対してのご褒美とも思った。
人が見てない所でも正しい行動がとれるか…とか。

ま、その話すると長いから(既に長いが…爆)、今日はこの辺で。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

今日の宇宙情報(日食)vo.1

今日の東京は快晴。
太陽の光に当たると元気になりますよね〜。

で、今日の夕方、日食がおこるそうで、少し気にかけた方がいいかなと思いお知らせ。
こんなに長い時間の日食は、今後1000年はないみたいなんで。

たまにお世話になる田場さん(ヒーラー)のブログから情報頂きました。

日食の時は、太陽からの光が届かなくなり、アクシデントも起きやすくなるらしい。

日食(太陽が月に重なること)
開始16:47
最大17:12
終了18:58

田場さんブログには、アクシデントを避ける方法で、6時間前に塩風呂入るとか、瞑想するとか、色々書いてあったんだけど、普通の人は無理だろうと(汗)。

要は、この時間はあまり人がたくさん集まる場所にいかない…とか、家で静かにリラックスする…とか、何か商談とか決断を下すような事はしない…という解釈を私はしました。

自然の恩恵を当たり前のように私たちは受けてますが、天気予報は普通に使うけど、これからはもっと視野を宇宙まで広げて、惑星の動きも参考にしてみては…というアイボリーナさんの提案でした(爆)。

スピリチュアルとかいう言葉も、なんか使いたくないんですよ、本当は。
なんか宗教っぽい雰囲気出ちゃうし(中にはそういうのもあるから、確かに注意が必要)。
変に敷居が高いというか、入りにくくなるし。

そうじゃなくて、もっと普通の人が自然に抵抗感なく、スピリチュアル系が扱っている情報も取り入れていけたら、いいんじゃないかなーと願うわけです。

私は、一般人感覚も勿論分かるし、スピリチュアル系の人の話も冷静に聞けるスタンスにいます。
エハラーとか、○○さんに傾倒…というわけではありません。
地に足着いてます。

要はね、より「楽しく充実した素晴らしい日々を送りたい」んです。
だから、天気予報だって、ヒーラーの日食情報だって、バシャール(宇宙存在)の言うチャネリング情報も参考にすると(爆)。
使えるものは、何でも使います、はい。
私の場合、視野は日本でも世界でもなく、宇宙まで広げてます(爆)。

情報は、ポジティブに参考にします。
でも、それらを鵜呑みにせず、最後は自分の感覚、自分の意思にて判断する…という感じですね、私の場合は。

…というわけで、今後は一般人にもすんなり受け入れてもらえるよう、有益な情報をアイボリーナが厳選してお届けします(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

救う神あり-引き寄せの法則-

エレカシ新春ライブレポを書かないといけないんだが、その前に”願望を現実化する”について研究してる私にとって「素晴らしい」思った出来事があったので、ここに書き残して皆さんとシェアしたい。
かなり長文ですので、携帯の方はごめんなさい。

先日、「1月9日分のエレカシチケットを求む!」と投稿したんだが、結果から先に言うとチケットは無事手に入った。
それも一番素晴らしい形で。

今回の新春ライブは、ファンクラブでは東京2公演の内、1日分2枚までしかエントリーできなかった。
そこで、エレ友さんらに声をかけて協力し合うことにした。
皆が行きたい公演に行けるようにと…。

どの日にちに誰がエントリーするか考え振り分けた。
結果、1月8日分は当選したのだが、9日分は多目にエントリーしたにも関わらずハズレ。
2枚足りないことになった。
それでも私は何となく「どうにかなるだろう」と思っていた。
不安もよぎらず。

続きを読む "救う神あり-引き寄せの法則-"

| | コメント (11) | トラックバック (1)